読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華大と漫才の日々【毎日は上天気】

博多華丸・大吉さんの事に特化したTwitterの補助的ブログ!!昔のブログはとても公開できないので新しく作りました。

ファミリーマート店内放送!!ファミよし“笑顔の宅配便”

ファミリーマートの店内放送で流れるよしもとの、ファミよし“笑顔の宅配便”店内放送は1月1日から華大さんです。
なかなか聞きにいけない・・・店内に長く居にくい方もいると思いますので
私が聞けた部分だけですが書き起こします!!
聞き間違いや、書き漏れなどありますがお許し下さい。


大吉「この番組は吉本芸人が店内にいる皆さんに笑顔を届ける為に頑張るという番組ですが、2016年でございますよ!2016年は我々からスタートを切らせていただきます」
華丸「恐縮です!」
大吉「そういうことで、あっという間に2016年でございますよ」
華丸「そうですよ、私46ですよ」
大吉「華丸さん46になるんですよね・・・どうですか?46才」
華丸「これはねもうちょっと響きますね・・・」
大吉「同世代の方は共感して下さると思いますが、45までは40なんよね?46からはもう50なんよ(笑)」
華丸「本当に刺さりますよねこれは・・・」
大吉「でも僕らだけじゃないですよ!吉本で言えば99の岡本君とかFUJIWARAのご両人とかバッファロー吾郎のご両人とか、結構今年46才沢山いますんで」
華丸「ベビーブーム世代ですからね」
大吉「そんな2016年、なにか抱負はありますか?」
華丸「いや~2015頑張りすぎたんで、2016はゆっくりします(笑)」
大吉「ちょっと相方としてピンとこない抱負ではございますが、まぁ我々ここ数年ずっと今年の抱負なんですか?と聞かれたら必ず答えてましたよね?」
華丸「現状維持と!」
大吉「そうです、我々の目標は現状維持、常に現状を維持するべく頑張っているので、あんまりね我々に過度の期待も・・・」
華丸「そうです、本当に2015年大吉先生もですがちょっと走りすぎたというか・・・」
大吉「ちょっと上手いこと行き過ぎた・・・」
華丸「行き過ぎているんで、俺、2013年ごろのあのくらいのスケジュールがいいな~」
大吉「一回戻りますか?(笑)」
華丸「すみません、そういうワインみたいな言い方ですが、あの年良かったな~みたいな(笑)」
大吉「振り返ればあの年の味わいが深かったよね~みたいな事でしょ?分かる分かる我々も去年いっぱい仕事をやらせて貰ったんで、背中のメッキが剥げ剥げになっているんで、2016年は何とか色々手入れをしながら乗り切っていきましょう!」
華丸「メンテナンスの年にしましょう!」

 

それではここでお知らせと曲を紹介してくれるファミマナビゲーターのあべこうじくん!よろしくお願いします!

 

大吉「今の子供達っていいよね…お正月お店あいてるじゃん」
華丸「昔は、29日くらいまでに色々揃えておかないと、あれが無い、これが無いってなりますからね」
大吉「僕らの子供の頃ってお正月はどこも開いてなくて基本3日くらいまで何も手に入らなかった、そんな時代の子供達ですよ(笑)」
華丸「年とってますよね~(笑)」
大吉「今も子供ってお年玉もらってすぐにファミマとか来て買い物できるやん・・・それズルイよね?基本的に僕らはお年玉は大人に取り上げられていたでしょ?」
華丸「使う間を与えないというかね」
大吉「銀行も開いてないから、お父さん、お母さんに一回預けなさいって」
華丸「返ってこないやつでですよね?」
大吉「その代わりに、正月明けに真新しいタンスが届く(笑)あれ、お母さん僕のお年玉どこいったと?無言でタンスを指差しましたからね!」
華丸「吉岡家はあからさまやね(笑)」
大吉「うちはあからさまです!夢を与えない、見せてもらえない家でした」
華丸「そうですか(笑)」
大吉「親戚一同が集まる時代でしたから・・・今も多少あるでしょうが、昔は必ず全員集合だったでしょ?なんで大人はあんな酒ば飲むんじゃろうか?って思いよったね~」
華丸「それで、毎年同じ話をする・・・従兄弟に干支を聞くの…サルはチョコチョコ動くもんね、イノシシはまっすぐしか走れない、蛇はお金が貯まる…
で、いっつも言うのが辰たい!あれは架空の動物だから分からんね~で宴が終了するの、辞書調べてくればいいのにって毎年思いよった俺は!」
大吉「なんか意味見つけて来いって、いい大人たちが集まって(笑)僕らは、そんな正月の想い出がありますが、皆さんはお正月いかがおすごしなにでしょうか?ということで」
華大「パーソナリティーの博多華丸大吉でした!」

 

今回のメインパーソナリティー 博多華丸・大吉 パーソナリティー期間:1月1日(金)~1月11日(月)